東京日本交通 採用サイト

東京・日本交通株式会社の求人・採用サイト | タクシー求人なら東京・日本交通

よくある質問

[ドライバーについて] 給与・休日や休憩時間など

タクシー会社の配車オペレーター業務について知りたいのですが…

配車オペレーターとは、電話にていただいた配車依頼を受けて希望に即したタクシーを手配する仕事です。多くのタクシー会社はパソコンを使って、現在街を走るタクシーの場所を確認したり、配車依頼を送ったりします。時には、お客様やドライバーからお叱りの言葉やご意見をいただくこともあります。
この仕事をするにあたっては、対面とは異なり、顔の見えない電話での接客応対となりますので、ある一定のコミュニケーション力が必要となります。またお客様の要望に迅速に応えるためには、場所情報(住所や建物の名前)を聞いて近くのタクシーを探すスピード感が求められます。そのため、地理の知識やパソコンスキルも大切です。
お客様とドライバーをつなぐ架け橋の役割としては、とてもやりがいのある仕事のひとつでもあります。


雑誌や広告を見ると、乗務員募集の求人を年中見かけます。なぜあれだけ常に募集しているのでしょうか?

まずひとつは、タクシーというビジネスモデルにとって、「人」がもっとも重要な資源であることが理由です。いくら車輌を保有していても、それを動かすドライバーがいなければ、経費にしかなりません。売上げを少しでも伸ばすには、乗務してくれるドライバーの存在が必要不可欠なのです。さらに、隔日勤務という働き方でみると、1つの車輌を2人で動かすことになります。そのため、1台の車輌につき少なくとも2人のドライバーが存在していないとその車輌を100%稼動させることができないのです。
そのため、タクシー会社は車輌数×2人程度のドライバー数を抱えていることが理想といえます。

その上で、「年中募集を見る」という理由は、採用力と離職率の2点があげられると思います。まずは採用力。まだタクシーというのは、他の仕事に比べて「やりたい」と思ってもらえる人が多くはない仕事です。そのため「○人採用したい」と会社側が意気込んで募集をかけても、思うように応募が集まらないことが珍しくありません。
次に離職率ですが、少し特殊な仕事ではありますので、入社まもなくで離職を決断する方がいらっしゃるのも事実です。多くは、「歩合給」「隔日勤務」「夜勤」といった業界特殊な働き方や雇用条件に慣れないうちに諦めてしまうといったものです。しかし、最近は「給与保障」や「教育制度の充実」といった対策をとる会社も増えてきたため、離職率は少しずつ改善傾向にあります。

その他、会社固有の理由(規模拡大、新規サービス展開等)がある場合もございますので、説明会などで質問してみてはいかがでしょうか。


東京と大阪、神奈川の一部地域では、地理試験を受けないと乗務員になれないと聞きました。どのような試験ですか?

地理試験は、各地域のタクシーセンターで受験できる、地理に関する知識習熟度を問う試験です。内容は、主要道路・主要施設の名称を答えるものがメインです。他にも、乗車地から降車地までの最短経路を問うものなどが応用問題として出題されます。
テストに必要な知識や、出題傾向といったものは、テスト日以前の2日間に渡るタクシーセンターでの講習内でレクチャーされますので、講習をしっかりと受けることが合格への近道です。


女性の運転手が増えてきたようですが、これはなぜですか?

全国ハイヤー・タクシー協会の調査報告によると、平成22年3月末時点で、タクシードライバー41万2962名のうち、女性ドライバーは7727名であり、割合にすると約1.9%。ということで、まだまだ希少価値の高い存在です。
しかし女性特有の決め細やかな接客対応などがお客様から評価されることが多くなり、各タクシー事業者のみならず、業界、国土交通省も女性の労働力活用については、様々な取組をとり始めました。平成27年2月の閣議決定においても「交通政策基本計画」の中で、女性ドライバーの数を2013年度から2020年度にかけて倍増することとされています。

また「女性ドライバー応援企業」の認定制度、となるものも始まりました。事業申請者は、全国ハイヤー・タクシー協会のHPよりご覧いただけますので、ぜひ。


タクシー会社に就職した際、車で通勤をしたのですが可能ですか?

会社によって異なりますので、ぜひ電話でお問合せまたは説明会などで聞いてみてください。


タクシー乗務員の平均年齢はいくつですか?

業界の平均年齢は、56.1歳(平成19年「厚生労働省 賃金構造基本統計調査」より)です。
少しずつではありますが、新卒採用の実施や若手転職者の採用に前向きなタクシー事業者も増えてきましたので、下がってはきています。しかし定年のない個人タクシー従事者がいることなどの影響により、全産業と比べると平均年齢は高い方といえます。


乗務員になるために地理試験対策をしていますが、実際乗務員になった時にカーナビがあるとありがたいのですがどのタクシー会社でも設置されていますか?

近年多くの会社でカーナビを導入しているタクシー会社は増えています。しかし会社ごとによって、設置の有無や設置車輌の台数なども異なります。そのため、電話でお問合せまたは説明会などで聞いてみてください。


個人タクシーに定年はあるのでしょうか?それは何歳ですか?

定年というものはありません。平成27年3月の調査によると、個人タクシー事業者の約1.7%が80歳以上です。そのため、定年のない仕事のひとつとして「個人タクシー」を選ぶ人もいらっしゃいます。ただ、個人タクシー事業者になるための条件はいくつかありますので、ご注意ください。


テレビなどの情報からもタクシー乗務員は体力が必要だと感じます。乗務員になりたくても、体力面において不安があるのですが大丈夫でしょうか?

もちろん隔日勤務といった一般よりも長い労働時間である働き方をされる場合は、体力面に不安を抱える方の中には不向きなケースもあるでしょう。しかし労働時間が長い分、休憩時間や休息時間も長いため、セルフコントロールを怠らなければ問題なく働ける仕事だといえます。

また体力管理よりも大切なのは、健康管理という考え方もあります。乗務中はある一定時間同じ体制での勤務となりますので、軽い運動をすること。お客様の命を預かる仕事であるので、定期的な健康診断や食生活に気遣い、病気の予防を行うこと。タクシーの仕事は一般の働き方より、これらの健康に関する日々の積み重ねを、重要視する傾向があります。
同時にタクシー事業者自体が、健康管理への意識が高いことも間違いありません。年2回の定期健診はもちろんのこと、産業医の導入や健康指導の実施といった会社ごとの取組も活発です。


個人タクシーを開業するには、どのような資格や条件が必要なのでしょうか?

・開業申請日現在の年齢が65歳未満であること。
・有効な第二種免許資格を有していること。

上記のほかに、運転経歴などいくつかの条件があります。詳しくは、「一般社団法人 全国個人タクシー協会」のHPをご参照ください。特に、ある一定期間同一タクシー会社での勤務経験が必要となります。(期間は申請日の年齢によって異なる)そのため、個人タクシー事業者になることを目的に、タクシー会社へ就職する方もいらっしゃいます。

東京・日本交通 女性ドライバー採用サイト
東京・日本交通 京都観光プランナー採用サイト
東京・日本交通 神戸営業所ドライバー採用サイト
採用特設ページ 生涯ずっと安心して働ける環境が東京日本交通にはあります!